情報セキュリティニュース

COLUMN

ホーム

セブン銀行、顧客情報含む書類229通を紛失

セブン銀行(本社:東京都千代田区)は2月16日、個人情報が記載された書類229通を紛失したと発表した。同社によると、紛失したのは2014年4月から7月の間に顧客に送った送付状のコピーで、住所、氏名、店番、口座番号等が記載されている。1月下旬に書類を整理した際、紛失が判明した。誤って廃棄処分した可能性が高く、外部へ流出した可能性は極めて低いという。該当者には電話で連絡する。情報の不正使用等の連絡や問い合わせは入っていない。同社は、個人情報の厳格な管理について徹底し、再発防止に取り組んでいくという。
・【お詫び】個人情報記載書類の紛失について(セブン銀行)
http://www.sevenbank.co.jp/support/info2015021601.html

一覧へ