情報セキュリティニュース

COLUMN

ホーム

大阪国税局、個人情報など含むHDD紛失

大阪国税局は2月6日、個人情報が保存されたハードディスク(HDD)を査察部が紛失したと発表した。報道によると、HDDには、所得税法違反の疑いで調査していた個人の会計データや、関係者の個人情報が保存されている。1月21日、鍵付の保管庫からなくなっていることが判明した。HDDを最後に使用したのは同15日だった。関係の職員に確認したが、HDDはみつからず、警察に遺失物届を提出した。情報はバックアップしてあるため、調査に支障はないという。
・大阪国税局
https://www.nta.go.jp/osaka/

一覧へ