情報セキュリティニュース

COLUMN

ホーム

大阪府民共済、生命共済加入申込書の控え259名分を紛失

大阪府民共済生活協同組合(本部:大阪市西区)は1月29日、「生命共済新規加入申込書」の控え259名分を紛失したと発表した。同組合によると、消印が2014年11月15日から19日までの同書類を綴ったファイル1冊が、本部ビル事務所内の所定の場所にないことが分かった。同書類には、氏名、生年月日、性別、住所、電話番号、加入コース、金融機関口座情報、健康告知内容が含まれている。該当者はすべて特定できており、個別に電話または訪問によって謝罪と状況説明を行っている。情報の外部流出や不正利用は確認されていない。所轄庁である大阪府に報告済みで、捜査機関への相談も行っている。同組合は再発防止のため、個人情報保護管理体制における問題点の確認と整備拡充、個人情報を含む媒体の持ち出しに関する管理の徹底、連絡報告体制の確認などの対策を講じるという。
・お客様情報の紛失に関するお詫びとお知らせ(大阪府民共済生活協同組合)
http://www.osaka-kyosai.or.jp/whatsnew/newsview.html?id=3999

一覧へ