情報セキュリティニュース

COLUMN

ホーム

佐賀銀行、顧客情報94先分含む伝票綴り紛失

佐賀銀行(本店:佐賀県佐賀市)は1月21日、同行呉服町支店で、顧客情報94先分を含む伝票綴り1冊を紛失したと発表した。同行によると、紛失したのは2011年3月9日付の綴りで、個人顧客37先、法人顧客57先の氏名、住所、電話番号、口座番号、取引金額などが含まれている。同支店で保管している伝票の確認作業を行った際、紛失が判明した。同行は、保存期間が経過した書類を廃棄する際に綴りを誤って混入させ廃棄した可能性が高く、外部への情報流出や不正持出等はないとみている。情報が不正利用されたとの連絡や、不正利用の事実は確認されていない。同行は、顧客情報の厳格な管理を徹底し、再発防止に取組んでいくとしている。
・お客さま情報が記載された書類の紛失につきまして[PDF](佐賀銀行)
http://www.sagabank.co.jp/oshirase/000525.php

一覧へ