情報セキュリティニュース

COLUMN

ホーム

日本航空が最終報告、社内PCウイルス感染で個人情報4131名分が漏えい

日本航空は1月21日、2014年9月に判明した不正アクセスによるJALマイレージバンク(JMB)会員の情報漏えいについて、社内調査が完了し、4131名分の情報漏えいを確定したと発表した。クレジットカード番号、JMBパスワードの漏えいはなかった。漏えいした情報は、入会年月日、会員番号、氏名、生年月日、性別、メールアドレス、住所、電話/FAX番号、勤務先と所属部門、役職など。これまでの同社の発表や報道によると、社員がウイルスメールを開封したことにより、社内のパソコンがウイルスに感染。感染したパソコンのうち3台から、JMB会員の情報計4131件が香港のサーバーに送信されていた。
・JAL顧客情報システムへの不正アクセスによるお客さま情報の漏えいについて<最終報告>(日本航空)
https://www.jal.co.jp/info/other/140924.html

一覧へ