情報セキュリティニュース

COLUMN

ホーム

佐賀市立小学校、17名分の成績データなど含むUSBメモリー紛失

佐賀市教育委員会は1月19日、市立中川副小学校の女性講師(40歳)が、担任する3年生17名の成績などが入ったUSBメモリーを紛失したと発表した。報道によると、講師は1月6日、管理職の許可を得て、学校所有のUSBメモリーに児童の氏名や通知表データを保存し自宅に持ち帰ったが、14日に紛失に気付いた。メモリーを使用する際はパスワードが必要で、データにもパスワードをかけてある。同校は19日、児童と保護者に謝罪したという。
・佐賀市
http://www.city.saga.lg.jp/

一覧へ