情報セキュリティニュース

COLUMN

ホーム

朝日新聞社、パソコン17台がウイルス感染、メールや文書流出

朝日新聞社(東京本社:東京都中央区)は1月16日、社内のパソコン17台がウイルスに感染し、社内外とやりとりした電子メールなどの情報が流出したと発表した。同日付の朝日新聞記事によると、1月9日夜、社内のパソコンが社外のサーバーと不審な通信をしていることが分かり、13日に遮断した。不審な通信と情報流出は2014年11月下旬ごろに始まったとみられている。流出が確認された情報は、電子メールやパソコンで作成した文書などの一部。新聞読者や朝日新聞デジタルの顧客に関する情報の流出は確認されていない。警視庁に届け出済み。情報の流出状況や感染経路について、調査を行っているという。同社は、速やかに全容を究明し、再発防止に取り組むとしている。
・朝日新聞社
http://www.asahi.com/shimbun/

一覧へ