情報セキュリティニュース

COLUMN

ホーム

日本女子プロゴルフ協会、不正アクセス受け顔写真データ等流出

日本女子プロゴルフ協会(東京都中央区)は1月16日、サーバーが不正アクセスを受け、選手の顔写真データなどが流出したと発表した。同協会によると、1月14日に不正アクセスの痕跡を確認。侵入経路を封鎖し、調査を行ったところ、トーナメント等の記録写真データの一部、会員やトーナメント出場選手の顔写真データの一部、取材記者用IDカードに使用された写真データの一部、選手のマネージャーIDカードに使用された写真データの一部等の流出が判明した。うち一部では、写真データのファイル名に個人の氏名が用いられていた。同協会は、原因と経路の全容解明に取り組むとともに、セキュリティ面について対策強化を行うとしている。
・不正アクセスによる個人情報流出に関するお詫びとご説明(日本女子プロゴルフ協会)
http://www.lpga.or.jp/news/1777fcad-319c-4f17-8ec6-011710dbf2e2

一覧へ