情報セキュリティニュース

COLUMN

ホーム

熊本県、メルマガをTOで送りメールアドレス187件流出

熊本県は1月9日、県有地の売却情報を提供するメールマガジンを、登録者187名に対し全員のメールアドレスが見える状態で配信したと発表した。報道によると、管財課の職員が8日、BCCで送るべきところをTOで送った。県では受信した人からの指摘を受けて事態を把握。該当者にはメールで謝罪し、当該メールマガジンの削除を依頼した。県は再発防止のため、今後、メールマガジンを送信する際は複数の職員でチェックを行うという。
・熊本県
http://www.pref.kumamoto.jp/

一覧へ