情報セキュリティニュース

COLUMN

ホーム

愛知県、職員採用試験の結果を71名に誤送付

愛知県は1月9日、2015年度採用の愛知県職員(農場員)選考試験において、結果通知を誤送付したと発表した。県によると、1月8日に結果を郵送したが、送付対象者89名のうち71名に別人の結果通知を郵送した。辞退者1名のデータをリストから消去する際に、氏名のみを消して住所を消し忘れたことにより、氏名と住所が1行ずつずれた状態でラベルを印刷。A氏の氏名、B氏の住所が印字されたラベルを封筒に貼り、A氏の結果通知を封入して送付した。結果通知文書には、氏名、受験番号、選考試験の結果が記載されている。誤送付は9日、受験者からの指摘で判明。県は受験者全員に電話で事情を説明して謝罪し、間違った宛名の結果通知が届いたときは返送してほしいと依頼した。また、誤送付対象者71名に、返信用の封筒を同封して正しい宛名の結果通知を郵送した。県は再発防止のため、今後、封筒の住所・宛名、結果通知文書の宛名の突合を複数の職員で繰り返し行うなどの対策をとるという。
・平成27年度採用愛知県職員(農場員)選考試験の結果通知の誤送付について(愛知県)
http://www.pref.aichi.jp/0000079336.html

一覧へ