情報セキュリティニュース

COLUMN

ホーム

キングソフト、別人の名前とメールアドレス含むメールを顧客73名に送信

ソフトウェア開発等を行うキングソフト(本社:東京都港区)は1月7日、同社のオンラインショップで行ったキャンペーンにおいて、購入を検討した顧客に対し、他の顧客の名字とメールアドレスが含まれるメールを誤送信したと発表した。同社によると、当該メールを送ったのは1月7日午後2時15分頃。73名に対し、宛先に他の顧客のメールアドレス、本文中に他の顧客の名字または法人名が表示された状態で送った。当該メール送信のために作成したプログラムに不備があったことが原因。同日、該当者に状況報告と謝罪のメールを送り、当該メールの破棄・削除を依頼した。同社は、再発防止に努めるとしている。
http://info.kingsoft.jp/company/information/2015/01/20150107.html

一覧へ