情報セキュリティニュース

COLUMN

ホーム

タカラトミー、カードゲーム大会参加者の個人情報含むUSBメモリー紛失

玩具やカードゲーム等の企画製造販売を行うタカラトミー(本社:東京都葛飾区)が主催し、小学館集英社プロダクション(東京都千代田区)が運営するイベント「デュエル・マスターズ全国大会2014デュエマ甲子園」参加者の個人情報を記録したUSBメモリーが所在不明となっていることを、両社が1月5日に発表した。発表によると、2014年12月23日、同イベントの「エリア代表決定戦関西大会」が京都市勧業館「みやこめっせ」で開催された。翌24日、運営協力会社社員の報告により、開催当日に当該USBメモリーを紛失していたことが判明した。各所の探索を行ったが、発見に至っていない。USBメモリーには、同イベントの全国店舗予選でエリア代表決定戦出場権を獲得した顧客2888件の個人情報(氏名、住所、電話番号、年齢、学年、性別)が記録されている。イベント運営に際しては、USBメモリーに保存する個人情報データは暗号化するルールだったが、運営協力会社は暗号化していなかった。専門会社に依頼して個人情報漏えいの調査をしたところ、現時点では漏えい事実は確認されていないという。両社は該当顧客をすべて特定しており、お詫びの手紙を送付した。また、問い合わせ窓口を設置して該当顧客に対応している。
・お客様の個人情報紛失に関するお詫びとお知らせ[PDF](タカラトミー)
http://www.takaratomy.co.jp/support/oshirase/dmdata150105.pdf

一覧へ