情報セキュリティニュース

COLUMN

ホーム

さらプロジェクト、個人情報が含まれるUSBメモリーを紛失

障害者就労支援事業等を行うNPO法人さらプロジェクト(事務局:東京都豊島区)は12月26日、個人情報が含まれるUSBメモリーを紛失したと発表した。同法人によると、11月20日頃、暗号化機能付きUSBメモリーの採用に伴ってそれまで使っていたUSBメモリーを回収したところ、紛失が判明した。メモリーに保存されているファイルのうち、個人情報が含まれるファイルにはパスワードが設定してあり、機微情報は含まれていないという。また、同メモリーにはメールソフトがインストールされ、3か月分、2000通程度のメールが保存されていた。パスワードによる保護は設定されていないが、メール内に機微情報はないという。同法人は、可搬型外部記憶媒体の利用状況を把握していなかったことと、職員のコンプライアンス意識の啓蒙やルール遵守の徹底が不十分だったことを原因として挙げ、再発防止に取り組むとしている。
・個人情報セキュリティ事故に関するお詫び[PDF](さらプロジェクト)
http://www.sara-project.or.jp/wp-content/uploads/86cea3e711aab71690363e9f377322b2.pdf

一覧へ