情報セキュリティニュース

COLUMN

ホーム

大阪市教育委員会、市立デザイン教育研究所の受験者38名の情報含む書類紛失

大阪市教育委員会は12月25日、市立デザイン教育研究所から教育員会事務局に送付された、個人情報を含む文書が所在不明となっていると発表した。発表によると、紛失したのは「平成27年度作品提出型ならびに特別推薦入学者選抜志願者数報告・結果報告書」。11月28日に同研究所が、教育委員会事務局と学校間の文書の収受に使用する逓送便を使って当該文書を発送したが、その後の所在が分からなくなっている。同文書には、11月12日に実施した作品提出型選抜ならびに、同13日に実施した特別推薦入学者選抜の受験者、38名分の受験番号、名前、性別、出身高等学校名、学科名、評定平均値、入学者選抜得点、順位、合否結果が含まれている。教育員会事務局では、該当者の保護者に対し、経過説明と謝罪を行っている。市教委は再発防止のため、本報告書について持参による提出を徹底するという。
・大阪市立デザイン教育研究所における個人情報が記載された文書の紛失について(大阪市教育委員会)
http://www.city.osaka.lg.jp/hodoshiryo/kyoiku/0000292351.html

一覧へ