情報セキュリティニュース

COLUMN

ホーム

東京都主税局、業務再委託先が納税者の個人情報含む書類20枚紛失

東京都主税局および、都税納付情報のデータ入力業務委託先であるみずほ銀行(本店:東京都千代田)、また同業務再委託先のシステムズ・デザイン(本社:東京都杉並区)は12月25日、システムズ・デザインが、納税者の個人情報が含まれる「納付書兼納入済通知書」20枚を紛失したと発表した。発表によると、12月12日から15日に都税事務所で納付された分の通知書を、同17日から18日までの間に紛失した。通知書には、氏名(商号)、税目、税額、納付番号が記載されている。同社の入力センター(東京都八王子市)を捜索しているが、発見には至っていない。外部への個人情報の流出および、被害の発生は報告されていない。該当者には主税局から謝罪と説明を行っている。同局は受託業者に対し、個人情報の管理について徹底を図るよう、また、再発防止に向けた措置を提示するよう指示したという。
・都税の納付に係る書類の紛失について[PDF](東京都主税局)
http://www.tax.metro.tokyo.jp/oshirase/2014/20141225.pdf
・東京都税の納付に係る書類の紛失について[PDF](みずほ銀行)
http://www.mizuhobank.co.jp/release/2014/pdf/news141225.pdf

一覧へ