情報セキュリティニュース

COLUMN

ホーム

宮崎大学、教員選考応募者17名の情報含むUSBメモリー紛失

宮崎大学(宮崎県宮崎市)は12月20日、教員選考に応募した17名の個人情報が入ったUSBメモリーを紛失したと発表した。同大学によると、12月18日、同大学の教員から、応募者17名分の氏名、生年月日、住所、電話番号が保存されたUSBメモリーを学内で紛失したと報告があった。同大学で捜索を続けているが、発見には至っていない。当該情報は、ファイル単位でパスワード保護されているという。該当者には事情を説明して謝罪した。同大学は、個人情報の管理、運用の適正化を徹底し、再発防止に努めるとしている。
・個人情報が入ったUSBメモリの紛失について(宮崎大学)
http://www.miyazaki-u.ac.jp/news/20141220-2

一覧へ