情報セキュリティニュース

COLUMN

ホーム

東京都大田区立小学校、児童36名の情報含むSDカードや書類紛失

東京都大田区は12月18日、区立開桜小学校の教諭が、児童の個人情報が含まれるSDカードと書類を紛失したと発表した。区によると、教諭は12月9日、自宅において、担任する4年3組の児童35名の通知表所見を保存したSDカードと、国語、算数、理科の素点を記入した用紙の紛失に気付いた。同校では校内や教諭の自宅を探したが見つからず、12月16日、児童に謝罪と説明を行うとともに保護者へ通知。翌17日に臨時保護者会を開いて謝罪した。区教委は、個人情報の取り扱いについて厳正な管理を行うよう全校の教職員に周知徹底していくとしている。
・SDカード及び素点表の紛失について(東京都大田区)
http://www.city.ota.tokyo.jp/kuseijoho/press/release26/20141218.html

一覧へ