情報セキュリティニュース

COLUMN

ホーム

豊岡病院日高医療センター、患者22名分の情報が流出したおそれ

豊岡病院日高医療センター(兵庫県豊岡市)は12月16日、患者情報最大22名分が流出したおそれがあると発表した。同センターによると、診療情報明細書のコピーが患者配布用の検査説明書類に混入したことにより、他の患者の目に触れた可能性がある。当該明細書には、患者の氏名、生年月日、ID番号、保険者番号、傷病名、診療開始日、当該月の診療実日数が記載されていた。3枚6名分の混在の事実を確認し、直ちに回収したが、これらが他の患者の目に触れた可能性があることおよび、残り16名分が誤って持ち帰られた可能性があることから、該当の患者全員に直接、報告と謝罪を行うという。同センターは、センター内で個人情報を取り扱っている業務委託先の会社を含めた全スタッフに対し、個人情報管理の重要性について徹底を図っていくとしている。
・患者様情報流出の疑いに関するお詫び(豊岡病院日高医療センター)
http://www.toyookahp-kumiai.or.jp/modules/hidakanews/index.php?page=article&storyid=38

一覧へ