情報セキュリティニュース

COLUMN

ホーム

共同通信子会社、業務用パソコンがウイルス感染、顧客名簿流出か

通信社「一般社団法人共同通信社」の子会社で、出版や講演会の事業を手がける「株式会社共同通信社」(本社:東京都港区)は12月12日、業務用パソコン2台が不正なプログラムに感染し、そのうち1台から顧客名簿の一部が流出した可能性があると発表した。同社によると、感染が判明したのは同11日の夕刻。漏えいした可能性のある個人情報の多くは会社名、担当者名、所在地の3つを含み、一部の名簿には電話番号、メールアドレスも含まれているという。情報流出に伴う被害は報告されていない。当該パソコンはただちに使用を中止し、社内ネットワークへの感染拡大はないことが確認されているという。同社は、速やかな原因究明と再発防止に向け、情報セキュリティ強化に取り組んでいくとしている。
・弊社コンピューターの不正プログラム感染について(株式会社共同通信社)
http://www.kyodo.co.jp/notice/2014-12-12_1307470/

一覧へ