情報セキュリティニュース

COLUMN

ホーム

「おでかけB!chuスタンプラリー」の協力施設でスタンプラリーの応募箱紛失

備中地域広域観光振興協議会が主催する「おでかけB!chuスタンプラリー」において、協力施設の農マル園芸吉備路農園(岡山県総社市)に設置されていた応募箱が所在不明となっていることが分かった。同協議会事務局および、事業受託業者のビザビリレーションズ(岡山市北区)、農マル園芸によると、10月11日まで応募箱があったことを農マル園芸の社員が確認しているが、備中県民局の職員が11月11日、応募箱がないことに気付いた。農マル園芸では11月4日に大規模な模様替えを実施しており、この際に他の廃棄物に紛れて焼却された可能性が高いという。スタンプラリー応募用紙には、住所、氏名、年齢、性別、電話番号を記入することになっている。事態を受けて協議会では、応募箱による応募受付を取りやめてすべての応募箱を回収し、今後は郵送による応募のみを受け付けることにした。また、10月4日から11月11日までに当該応募箱で応募した人に、事務局への連絡を呼びかけている。
・「おでかけB!chuスタンプラリー」応募箱紛失について(岡山県備中県民局)
http://www.pref.okayama.jp/site/12/408601.html
・「おでかけB!chuスタンプラリー2014」応募箱紛失についてのお詫びとおしらせ(おでかけBichuスタンプラリー)
http://odekakebichu.jp/notice.html

一覧へ