情報セキュリティニュース

COLUMN

ホーム

ありあけ、顧客情報3000名分がネット上で閲覧可能に

菓子製造販売のありあけ(本店:横浜市中区)で、オンラインショップ利用者などの情報が、ネット上で閲覧可能になっていたことが分かった。11月28日付の朝日新聞によると、閲覧可能となっていたのは、2013年9月から今年11月にオンラインショップで商品を購入した顧客や届け先の氏名、住所、電話番号などで、約3000名分。事態は顧客からの問い合わせで判明した。出荷用プログラムの誤作動が原因だという。
・ありあけ
http://www.ariakeharbour.com/index.html

 

 

一覧へ