情報セキュリティニュース

COLUMN

ホーム

大阪市西成区、個人情報含む保育所入所関連書類3名分を紛失

大阪市は11月8日、西成区役所保健福祉課に保育所を経由して保護者から提出された、2015年度の保育所入所関連書類3名分を紛失したと発表した。発表によると、11月10日には、同区内の市立保育所経由で提出された、きょうだい2名分の現況届のうち1名分の紛失が判明。11月13日には、民間保育所経由で提出された、きょうだい2名分の現況届の紛失が判明した。紛失判明後、区役所と当該保育所の双方で現況届の受け渡し状況を確認し、捜索を行っているが、見つかっていない。現況届には、児童と世帯全員の氏名、生年月日等と、住所、保護者の勤務証明書が含まれている。両件とも、保護者に直接会って事情説明と謝罪を行った。同区役所保健福祉課は、再発防止のため、保護者から書類を提出してもらう際の手続きについて検証を行い、区役所、保育所での収受時において双方で受け取り確認を徹底するとしている。
・西成区役所保健福祉課(子育て支援室)及び保育所における個人情報の紛失について(大阪市)
http://www.city.osaka.lg.jp/hodoshiryo/nishinari/0000289455.html

一覧へ