情報セキュリティニュース

COLUMN

ホーム

同志社国際学院初等部、児童の情報含むUSBメモリー紛失

同志社国際学院初等部(京都府木津川市)は10月18日、児童の個人情報が含まれるUSBメモリーを紛失したと発表した。同校によると、紛失したUSBメモリーには、児童名、写真、動画、アセスメント評価を含む授業記録が保存されている。紛失は、学内研究の目的で用意した授業記録を学外に持ち出す必要があったことに起因するという。保護者には、事情を説明し謝罪した。当該授業記録の流出は確認されていない。同校は、再発防止に努めるとしている。
・授業記録の入ったUSBメモリーの紛失について(お詫び)(同志社国際学院初等部)
https://www.dia.doshisha.ac.jp/?p=1677

一覧へ