情報セキュリティニュース

COLUMN

ホーム

岡山国際ホテル、メルマガをTOで送り103名の氏名とメールアドレス流出

岡山国際ホテル(岡山市中区)は10月17日、メールマガジンをTOで送り、顧客103名の氏名とメールアドレスが流出したと発表した。同ホテルによると、10月13日午前0時46分頃、同ホテルレストランのメール会員にメールマガジンを送る際、BCCで送るべきところをTOで送信。これにより、顧客の氏名とメールアドレスが流出した。同日午前2時4分頃、メールマガジン送信先に謝罪のメールを送り、午前11時30分頃から電話で事情説明と謝罪を行った。状況に応じて訪問での謝罪も行っている。同社は、再発防止を徹底していくとしている。
・お客様メールアドレス流出に関するご報告とお詫び[PDF](岡山国際ホテル)
http://www.okayamakokusaihotel.jp/pdf/owabi.pdf

一覧へ