情報セキュリティニュース

COLUMN

ホーム

大垣ケーブルテレビ、工事委託業者が顧客情報含む書類紛失

大垣ケーブルテレビ(本社:岐阜県大垣市)は10月16日、顧客情報1件が含まれる工事指示書を紛失したと発表した。同社によると、10月9日、工事委託先の事業者が事務処理のために同書類を自社に持ち帰っており、廃棄書類に紛れ、誤廃棄したとみている。書類には、テレビ、インターネット、固定電話を契約した顧客の氏名、住所と固定電話番号2件が含まれていた。顧客には同14日、事情を報告して謝罪した。訪問での謝罪も行う。当該顧客から被害の報告は受けていない。同社では再発防止のため、全工事委託事業者に対し、個人情報の取扱い方法の確認と、その取扱いについての認識を促すため、説明会を実施するという。
・個人情報漏えい(紛失)についてお詫びとご説明(大垣ケーブルテレビ)
http://www.ogaki-tv.co.jp/topics/notice/141016.html

 

<関連情報>
プライバシーマーク(Pマーク)に関心がある方はこちらへ
ISMS(ISO27001)に関心がある方はこちらへ

一覧へ