情報セキュリティニュース

COLUMN

ホーム

総合地球環境学研究所、職員採用応募者21名の情報含む書類紛失

大学共同利用機関の人間文化研究機構 総合地球環境学研究所(京都市北区)は10月14日、管理部の職員が、教員選考のための人事委員会で資料として使用した、個人情報が含まれる書類を紛失したと発表した。同研究所によると、当該職員は9月8日、所外で行われた人事委員会に参加し、タクシーで同研究所に戻った後、当該書類の紛失に気付いた。書類には、研究教育職員採用の応募者21名の氏名、年度末年齢、意見照会者氏名と、人事委員会各委員の書類審査結果が掲載されている。関係各所に遺失物の照会を行い、警察署に遺失物届を提出したが、発見には至っていない。情報の転載や流用の事実は確認されていない。当該応募者と人事委員会委員5名には、電話と文書で謝罪と状況説明を行った。同研究所は、機密情報を含む資料は他の資料と仕分けて細心の注意を払うことなど、機密書類の取扱いについて管理強化を徹底し、再発防止に努めていくとしている。
・個人情報を含む書類の紛失について(お詫び)(総合地球環境学研究所)
http://www.chikyu.ac.jp/publicity/news/2014/1014.html

一覧へ