情報セキュリティニュース

COLUMN

ホーム

静岡市立保育園、保育士が園児の写真約200枚を記録したSDカードを紛失

静岡市は10月9日、市立保育園で園児の様子を撮影した画像データを保存したSDカード1枚を紛失したと発表した。発表によると、8月29日に担任保育士が事務室からカメラとSDカードを持ち出し、クラス内の写真を撮影した。その後、事務室でカメラからSDカードを取り出しプリントアウトした。11日経過した9月9日、担任保育士が撮影のためにカメラとSDカードを事務室に取りに行ったところ、保管庫に返却したはずのSDカードがないことに気付いた。園内を探すが発見に至らず、紛失したものと判断した。紛失によって漏えいした個人情報は、2013年度および2014年度の年少児クラス園児の写真200枚程度である。現在までのところ、関連して発生した被害の報告はない。園は9月17日に該当する保護者に経緯説明と謝罪の文書を送付した。紛失の原因は、SDカード等返却時に複数人による確認をしていなかったことであるとして、今後はカメラとSDカードの持出し・返却時に、複数人での確認を徹底し、管理簿へ記入を行う。また、SDカード返却時にはカード内のデータを削除する。市は、園長会で事故についての情報を共有し、各園で情報セキュリティ研修を行い再発防止するとしている。
・個人情報(画像データ)の紛失(保育課)(静岡市)
http://www.city.shizuoka.jp/

一覧へ