情報セキュリティニュース

COLUMN

ホーム

鹿児島銀行、顧客30名の情報含む書類128件を紛失

鹿児島銀行(本店:鹿児島県鹿児島市)は10月6日、宮崎支店において、個人情報が含まれる書類を紛失したと発表した。同行によると、紛失したのは住宅ローン申込関係の書類や契約書類等128件で、顧客30名の氏名、住所、生年月日、電話番号、借入内容、口座番号等が含まれている。同支店の書類管理が不十分だったという。該当の顧客には、紛失の経緯や紛失書類に含まれていた情報等を説明し、謝罪した。情報の不正使用等の連絡や問い合わせは入っていない。同行は、全従業員に対し、顧客情報の厳格な管理と取扱いの厳正化について徹底し、再発防止に取り組んでいくとしている。
・お客様情報が記載された書類の紛失について[PDF](鹿児島銀行)
http://www.kagin.co.jp/library/pdf_release/newsh261006_009.pdf

一覧へ