情報セキュリティニュース

COLUMN

ホーム

南海電鉄、メールをCCで送りメールアドレス134件流出

南海電気鉄道(本店:大阪市中央区)は10月4日、イベント案内のメールを希望している人にメールを送る際、BCCで送るべきところをCCで送ったため、メールアドレス134件が流出したと発表した。同社によると、メールを送ったのは10月3日午後7時42分頃。対象者には同日、謝罪のメールを送り、翌4日、電話で謝罪した。謝罪の書面も送る。同社は、顧客の個人情報を取り扱う従業員に対し、その重要性を教育するとともに、個人情報の取り扱いを厳格に行うよう徹底するとしている。
・一斉送信における個人情報(メールアドレス)の漏洩について(ご報告)[PDF](南海電気鉄道)

一覧へ