情報セキュリティニュース

COLUMN

ホーム

リクルート運営ショップに不正アクセス、なりすましログイン9749件発生

リクルートホールディングス(本社:東京都千代田区)は9月8日、同社が運営するショッピングモール「ポンパレモール」において、第三者が外部から不正に取得したID/パスワードを使用し、本人になりすましてログインするなりすましログインが発生したと発表、10日に被害の詳細を追加発表した。発表によると、9月6日と7日に3万1660件のリクルートIDに不正なアクセスがあり、このうち9749件で不正にログインされた。不正ログインにより、氏名、住所、電話番号、メールアドレス、予約、購入履歴を参照された可能性がある。該当の顧客についてはパスワードを強制変更し、再設定方法等を連絡した。ログインはされていないがアクセスのあった顧客には、メールで注意喚起を行った。同社は、他社のサービスで使っているパスワードとは異なるパスワードを設定し、定期的に変更するよう顧客に推奨している。
・「なりすましログイン」への対応に関して(リクルートホールディングス)
http://www.recruit.jp/news_data/notification/20140908_7754.html

一覧へ