情報セキュリティニュース

COLUMN

ホーム

NTTドコモ、法人顧客1社の情報流出、従業員1053名の個人情報も

NTTドコモ(本社:東京都千代田区)は9月9日、保守運用サービス「法人モバイル管理サービス」を提供するために預かっていた、1社分の管理情報が流出した疑いがあると発表した。当該情報には社員1053名の個人宅住所も含まれている。同社によると、流出した疑いがあるのは、法人名、業務用携帯電話番号、業務用携帯電話の利用者名と住所。一時的な作業用の「法人ファイル共有システム」から持ち出された可能性が高く、同システムには72社13万件の管理情報が格納されている。外部からの不正アクセスによる流出ではないという。同社では社内調査を進めるとともに、捜査機関に相談し、被害届提出の準備もすすめている。該当の法人には謝罪と説明を行った。同社ではこの件を踏まえ、目的外の検索やアクセスを検出および防止するため、業務の見直しと、システムのセキュリティレベルの高度化を行った。今後、真相究明に全力を尽くすとともに、再発防止に取り組むという。
・法人のお客様の保守運用に係る管理情報の流出に関するお詫び(NTTドコモ)
https://www.nttdocomo.co.jp/info/notice/page/140909_00_m.html

一覧へ