情報セキュリティニュース

COLUMN

ホーム

ストラーダ・ビアンカ、送信先設定ミスで顧客のメアド流出

食品や雑貨を扱うストラーダ・ビアンカ(東京都国立市)は8月17日、顧客のメールアドレスが流出したことを発表した。発表によると、同日午後7時20分頃にキャンペーンの案内メールを送信したが、一部のメールで宛先のメールアドレスが閲覧できる状態になっていた。メーリングリストを整理し、再設定した際にミスがあったことが原因だった。同店は再発防止に向け、今回のメーリングリストの情報をすべて破棄するとともに、メールによる案内は当面、自粛するとしている。
・メールの誤送信につきまして(ストラーダ・ビアンカ)
http://blog.stradabianca.net/?eid=1027026

一覧へ