情報セキュリティニュース

COLUMN

ホーム

富山大学、個人情報248人分含むノートPCが盗難紛失

富山大学(富山市)は学生の個人情報を含むノートパソコンなどが盗まれたと発表した。8月7日付のチューリップテレビによると、7月24日、同大の五福キャンパス内にある人間発達科学部の研究室などで入口のガラスが割られ、盗難が発生。教員個人の現金と、大学所有のiPad1台、ノートパソコン1台が盗まれた。ノートパソコンには、同大の学生のほか、被害にあった教員が非常勤講師を務める他の教育機関の関係者など、のべ248人分の個人情報が含まれていた。ログインするにはパスワードが必要で、現在までのところ、個人情報の流出による被害は確認されていない。研究室の扉は全て施錠されていたが、防犯カメラは設置されていなかった。同大は盗難の被害届を出し、警察が捜査を進めている。
・富山大学
http://www.u-toyama.ac.jp/

一覧へ