情報セキュリティニュース

COLUMN

ホーム

グローバルコミュニティ、分譲マンション所有者2名の情報が漏えい

マンション管理等を行うグローバルコミュニティ(本社:大阪市中央区)は8月5日、同社が管理している神戸市内の分譲マンションにおいて、個人情報が漏えいしたと発表した。同社によると、個人情報を含む書類が別の管理物件の消防設備点検報告書綴りに混入。これにより、区分所有者2名の情報が別物件の管理組合役員に漏えいした。漏えいした情報は、顧客1名の氏名、部屋番号、マンション名、プライバシーに関する情報と、別の顧客1名の氏名、マンション名。該当の顧客には直接、謝罪と説明を行った。同社は、再発防止に向けて情報セキュリティ教育と社内管理体制の徹底を図るとしている。
・個人情報等漏洩に関するお詫びとご報告[PDF](グローバルコミュニティ)
http://glob-com.co.jp/pdf/apology_2014_8_5_3.pdf

一覧へ