情報セキュリティニュース

COLUMN

ホーム

郡山市立小学校、教諭が児童39人分の個人情報含むSDカード紛失

福島県郡山市教育委員会は7月23日、同市の小学校の教諭が、担任する児童の個人情報を入れたSDカードを紛失したと発表した。翌24日付の福島民報によると、教諭は職員室以外で作業するためにSDカードに児童の個人情報を入れ、17日朝に職員室の机の上に置いたが、同日夕方に紛失に気付いた。SDカードには、教諭が2014年度に担任している学級の19人全員の1学期分の通知表データ、2013年度に担任した学級の20人全員の1年間分の通知表データが記録されていた。児童の氏名、学習・生活の評価なども含まれている。現段階で外部に流出したとの情報はないという。同教諭と校長が該当する児童宅を訪問し、保護者に謝罪をしている。市教委は、通知表データ等を含む児童の個人情報は校内サーバーで一括管理し、記録媒体などに移すことを禁じている。市教委は7月25日に臨時校長会議を開き、個人情報の管理徹底を求めた。
・郡山市教育委員会
http://www.city.koriyama.fukushima.jp/kyoiku/kyoiku/inkai/index.html

一覧へ