情報セキュリティニュース

COLUMN

ホーム

横浜美術館、メールをTOで送り106名分のメールアドレス流出

横浜で行われる現代アートの国際展「ヨコハマトリエンナーレ2014」において、同展のサポーターとして登録している人に対し横浜美術館からメールを送った際、BCCで送るべきところをTOで送ったため、氏名とメールアドレス106件が流出したことがわかった。横浜市芸術文化振興財団および横浜トリエンナーレ組織委員会、横浜市の発表によると、メールを送ったのは7月20日午後6時46分。直後に事態に気付き、同7時10分、対象者に謝罪のメールを送って当該メールの削除を依頼した。不審事例の報告は入っていない。再発防止のため、既存システムを使って、複数のメールアドレスを一つのメールの中に設定することなく、各個人あてのメールを自動的に一斉発送できるような方法を至急検討するという。また、重要案件や外部宛てに大量の電子メールを送信する際には複数人によるダブルチェックを徹底するとともに、個人情報の重要性などについて全職員に注意喚起を行うとしている。
・横浜トリエンナーレサポーターの一部の方へのeメールの誤送信について[PDF](横浜市芸術文化振興財団/横浜トリエンナーレ組織委員会/横浜市)
http://www.city.yokohama.jp/ne/news/press/201407/images/phpxRttbJ.pdf

一覧へ