情報セキュリティニュース

COLUMN

ホーム

福島県総合療育センター、患者情報682件含むUSBメモリー紛失

福島県総合療育センター(福島県郡山市)は7月17日、患者情報682件が入ったUSBメモリーを紛失したと発表した。同センターによると、7月14日午後6時頃、外来部門で保存していた当該メモリーの紛失が判明した。メモリーには、検査予約等に関する患者の氏名、予約日、検査内容等が682件保存されている。この件による被害は確認されていない。該当の患者には謝罪の連絡を行う。同センターは、個人情報の取扱いについて改めて全職員へ注意を喚起するとともに、USBメモリーではなくサーバーを使用する等の対応により、厳重な管理を行っていくとしている。
・患者様情報の紛失についてのお詫びとご説明(福島県総合療育センター)
http://www.pref.fukushima.lg.jp/site/sougoryouiku/jouhouowabi.html

<関連情報>
プライバシーマーク(Pマーク)に関心がある方はこちらへ
ISMS(ISO27001)に関心がある方はこちらへ

一覧へ