情報セキュリティニュース

COLUMN

ホーム

津島市民病院、車上荒らしで患者96名分の個人情報を記載した資料盗難

津島市民病院(愛知県津島市)は、患者の個人情報を記載した資料を盗まれたと発表した。7月14日の報道によると、12日午後2時30分ごろ、訪問看護を担当する看護師が、自宅駐車場に置いてあった車の窓ガラスが割られていることに気づいた。訪問介護に使う器具を入れた鞄や、患者96名分の個人情報を記載した資料を入れた手提げが盗まれていた。資料に記載されていた個人情報の内容は、氏名、住所、電話番号、病名など。同院では、緊急の呼び出しに備え、当番職員が資料類を持ち帰ることを許可していた。同院は、個人情報の取り扱いについて徹底し、再発防止に全力で臨むとしている。
・津島市民病院
http://www.tsushimacity-hp.jp/

<関連情報>
プライバシーマーク(Pマーク)に関心がある方はこちらへ
ISMS(ISO27001)に関心がある方はこちらへ

一覧へ