情報セキュリティニュース

COLUMN

ホーム

横浜市、高齢者52名の情報含む名簿が盗難被害に

横浜市は7月12日、民生委員児童委員が盗難の被害にあい、自宅で管理していた高齢者名簿が盗まれたと発表した。市によると、7月12日、緑区内の当該委員宅で家の中が荒らされた跡がみつかり、被害を確認したところ、名簿の入っていた鞄等が盗まれたことが判明した。盗まれた名簿は、20名分の氏名、住所、年齢、電話番号、要介護度などを含む「一人暮らし高齢者リスト」と、38名分の氏名、住所、電話番号を含む「安否確認訪問先名簿」で、2つの名簿に重複して記載されている人もいるため、対象者の実人数は52名。同日、対象者宅を訪問して状況の説明と謝罪を行った。今後、対象者宅については、民生委員児童委員による訪問を重点的に行うことにしている。
・民生委員児童委員が管理する高齢者名簿の盗難被害について(横浜市)
http://www.city.yokohama.jp/ne/news/press/201407/images/phpsAAWB0.pdf

<関連情報>
プライバシーマーク(Pマーク)に関心がある方はこちらへ
ISMS(ISO27001)に関心がある方はこちらへ

一覧へ