情報セキュリティニュース

COLUMN

ホーム

東京都大田区立中、定期考査の素点155名分を記入した用紙紛失

東京都大田区は7月9日、区立大森第十中学校において、定期考査の素点155名分が記入された用紙を紛失したと発表した。区によると、紛失したのは、2年生155名の技術・家庭科家庭分野の1学期期末考査の素点を記入した用紙。7月2日に紛失が判明した。校内を捜索したが見つからず、7日に集会を開いて生徒に謝罪と説明を行い、保護者にも通知した。説明と謝罪のために臨時保護者会も開く。区教育委員会では、個人情報の取り扱いについて、厳正な管理を行うよう全校の教職員に周知徹底するとしている。
・定期考査素点表の紛失について(東京都大田区)
https://www.city.ota.tokyo.jp/kuseijoho/press/release26/20140709.html

<関連情報>
プライバシーマーク(Pマーク)に関心がある方はこちらへ
ISMS(ISO27001)に関心がある方はこちらへ

一覧へ