情報セキュリティニュース

COLUMN

ホーム

りそな銀行、顧客情報含む公金納付書の控え163件紛失

りそな銀行(本店:大阪市中央区)は7月7日、くずは支店において、顧客情報が含まれる公金納付書の控え163枚を紛失したと発表した。同行によると、紛失したのは、2014年4月1日から同30日までに同支店で受け付けた自動車税、府民税、府営住宅使用料、府立学校授業料、放置違反金等の納付書で、合わせて163件分。氏名、金額および、納付書の種類によって住所、電話番号、自動車登録番号、住宅番号、学校番号等が含まれている。保管作業の際に誤って廃棄した可能性が高く、情報が外部に流出した可能性は極めて低いという。この件に関係するとみられる不審な問い合わせ等は入っていない。同行は、顧客情報の管理体制を強化し、再発防止に努めるとしている。
・くずは支店でのお客さま情報の紛失について[PDF](りそな銀行)
http://www.resona-gr.co.jp/holdings/news/newsrelease/pdf/20140707_1a.pdf

<関連情報>
プライバシーマーク(Pマーク)に関心がある方はこちらへ
ISMS(ISO27001)に関心がある方はこちらへ

一覧へ