情報セキュリティニュース

COLUMN

ホーム

三洋電機、リコール対応ダイレクトメールで住所と宛名の不一致が4157件発生

三洋電機(本社:大阪府守口市)は7月3日、電気衣類乾燥機のリコール対応のためにダイレクトメールを作成・郵送したが、顧客データの加工を誤り、住所と宛名の不一致が4157件発生したと発表した。発表によると、5月20日に同社製の電気衣類乾燥機に関し、リコール社告を実施した。点検・修理促進のため、ヤマダ電機の顧客情報に基づき、2014年6月17~19日に「三洋電機製電気衣類乾燥機リコール社告のお知らせ」のダイレクトメールを発送した。6月23日、ヤマダ電機から誤送の指摘を受けて確認したところ、顧客データの加工時に編集操作を誤り、4157件の住所と宛名が不一致の状態で発送していることが判明した。6月30日時点で、3556件のダイレクトメールが宛名不明で返送されている。返送されてきた顧客へはダイレクトメールを再送し、すでに違う名前で届いた顧客には経緯説明とお詫びをしている。同社は今後、個人情報の取扱いに細心の注意を払い、再発防止に取り組んでいくとしている。
・電気衣類乾燥機リコールに関するダイレクトメール誤送付に関するお詫びとご報告
http://panasonic.co.jp/sanyo/info/products_safety/140703.html

<関連情報>
プライバシーマーク(Pマーク)に関心がある方はこちらへ
ISMS(ISO27001)に関心がある方はこちらへ

一覧へ