情報セキュリティニュース

COLUMN

ホーム

さいたま市、個人情報含む書類2箱を紛失

さいたま市は6月24日、個人情報が含まれる文書を2箱紛失していたと発表した。市によると、紛失が判明したのは6月9日で、市総務課から総務局法制課および都市局市街地整備課に貸し出していた要保管文書を紛失した。法制課では、2011年度に作成した「行政不服審査、法律相談方向苦闘関係書類等」を紛失。54件の個人情報が含まれていた。市街地整備課では、2件の個人情報を含む、2009年度作成の「都市計画法第53条協定書締結に関する決裁文書等」を紛失した。それぞれの課で他の廃棄文書とともに誤廃棄した可能性が高い。市は、文書の貸出等、保管業務を徹底するとともに、適切な文書の取り扱いを周知し、適正な文書管理に努めていくとしている。
・保存文書の紛失について[PDF](さいたま市)
http://www.city.saitama.jp/006/014/008/003/003/003/p036782_d/fil/p036782.pdf

<関連情報>
プライバシーマーク(Pマーク)に関心がある方はこちらへ
ISMS(ISO27001)に関心がある方はこちらへ

一覧へ