情報セキュリティニュース

COLUMN

ホーム

横浜市立大学、奨学金支給対象者172名の情報含むファイルをメールに誤添付

横浜市立大学(本部:横浜市金沢区)は6月10日、奨学金申請者181名に対し、同支給対象者172名分の個人情報が含まれるファイルをメールに誤添付して送信したと発表した。同大学によると、職員が6月9日午後3時45分頃、学籍番号のみを記載したPDFファイルを送るべきところ、誤って個人情報を含む同名のエクセルファイルを添付して送信した。ファイルには、学生の氏名、生年月日、学年、学籍番号、奨学生番号、金融機関名と支店名、口座番号、奨学金貸与月額や保証料月額などが含まれていた。大学では同日午後5時15分頃、メールを受信した学生から指摘を受けて事態を把握。午後7時10分に送信先の181名に対し謝罪のメールを送信して、当該メールの削除を依頼した。保証人にも、電話で謝罪と経緯説明を行っている。文書での謝罪も行う。メール配信にあたり、内容のダブルチェックは行ったが、添付ファイルの内容は確認していなかったという。同大学では再発防止のため、メール配信時のダブルチェックを徹底するほか、データを保存する際には他のデータと識別できるファイル名とすること、ファイルが個人情報を含む場合には、それが一目で分かる表記にすることを徹底するという。また、学内全部署において、個人情報の適正管理に関し総点検を実施する。
・メール送信にあたり誤ったファイルを添付したことによる個人情報の漏えいについて(横浜市立大学)
http://www.yokohama-cu.ac.jp/univ/pr/press/140611.html

一覧へ