情報セキュリティニュース

COLUMN

ホーム

NTT西日本岐阜支店、「フレッツ光」顧客情報含む帳票98枚が路上で発見

NTT西日本(本社:大阪市中央区)は6月10日、岐阜支店で顧客情報の流出があったと発表した。発表によると、同支店が管轄する顧客情報を含む書類が、名古屋市内の路上等で発見された。調査の結果、退職した元契約社員が在職中に持ち帰った書類を落としたものであることが判明した。路上等で発見された書類は「フレッツ光」申込み等に関する帳票98枚で、2005年から2007年の顧客290名分の氏名、住所、電話番号が記載されていた。流出情報の不正使用等の事実は確認されていない。同社は該当顧客にお詫び文を送付し、顧客からの問い合わせに応じるフリーダイヤルを設置した。また、顧客情報等の社外への持ち出しの原則禁止など、社員等への指導を強化・徹底するとしている。
・お客様情報等の流出に関するお詫びとお知らせ[PDF](NTT西日本岐阜支店)
http://www.ntt-west.co.jp/gifu/pdf/release140610.pdf

一覧へ