情報セキュリティニュース

COLUMN

ホーム

富山市の恵光学園、施設利用の未就学児らの情報含むUSBメモリー紛失

富山市の知的障害児の療育施設「恵光学園」が先月、施設利用者らの個人情報を含むUSBメモリーを紛失したことが、6月2日にわかった。同日付の報道によると、5月2日、保育士がUSBメモリーをパソコンに差したままにしておいたところ、その日の午後2時半に紛失に気づいた。USBメモリーには、通園している未就学児39人、卒園生2人の計41人分の氏名や住所、保護者の電話番号などが記録されていた。当該USBメモリーは5月30日、富山県に匿名で郵送され、「道路に落ちていた」という手紙が同封されていた。現在のところ、情報が悪用されたという報告はない。同市は一昨年の包括外部監査で同園がUSBメモリーでデータ管理していたことを把握し、昨年4月に管理指導をしたという。同園は今後、情報管理の徹底を図り、再発防止に努めるとしている。
・お詫び(恵光学園)
http://www.keikou-toyama.or.jp/h26.6gatuosirase.html

一覧へ