情報セキュリティニュース

COLUMN

ホーム

我孫子市水道局、業務委託先が車上荒らしで顧客情報含む検針用端末盗難

千葉県我孫子市は5月29日、市水道局が水道メーター交換業務を委託している業者において、車上荒しにより、市内に居住する水道使用者の情報75件が入った検針用機器(ハンディターミナル)3台が盗まれたと発表した。水道局によると、5月26日午後5時50分から27日午前6時30分にかけて、民間駐車場に停めてあった当該業者所有の車が荒らされ、水道修繕工事用器具などとともに盗まれた。端末には、27日に水道メーターを交換する予定だった75件分の水道使用者氏名、住所、電話番号、メーター番号などが登録されている。端末の起動には暗証番号の入力が必要で、登録情報は暗号化されていることから、他者が閲覧することは極めて困難だという。該当者には説明と謝罪の文書を配布した。水道局では今後、使用者情報を含む情報の管理方法を改善し、再発防止に努めるという。
・水道使用者情報の盗難について(我孫子市)
http://www.city.abiko.chiba.jp/index.cfm/19,134028,133,139,html

一覧へ