情報セキュリティニュース

COLUMN

ホーム

ナカホームズ、メールをTOで送りメールアドレス156名分流出

不動産仲介のナカホームズ(広島市中区)は5月22日、顧客156名にメールをTOで送り、メールアドレスと氏名が流出したと発表した。発表によると、5月18日、メールアドレスを登録している顧客に新物件のお知らせメールを送る際、BCCで送るべきところをTOで送った。該当の顧客にはメールで事実関係を通知し、誤送信したメールの削除を依頼した。今後、再発防止のため、人的チェック体制を強化するとともに、TOでは一斉送信を行わないようシステム体制を強化するという。
・個人情報流出についてのお詫びとお知らせ[PDF](ナカホームズ/オー・エーテック)
http://www.o-a-tech.com/20140522.pdf

一覧へ