情報セキュリティニュース

COLUMN

ホーム

東京システムハウス、ゴルフ予約システムが不正アクセス受けメルアド流出

ソフトウェア開発などを行う東京システムハウス(本社:東京都品川区)は5月16日、同社のゴルフWeb予約システムサーバーが不正アクセスを受け、利用者のメールアドレスが最大で1万7790件流出した可能性があると発表した。同社によると、流出したのはメールアドレスのみで、氏名、住所、クレジットカード情報等の流出は確認されていない。該当のメールアドレスに対し、ゴルフコース名をかたった架空請求メールが送付されていることが分かっている。メールの内容は支払額が違う、予約の件について決済情報を確認してほしいといったもので、同社ではこうしたメールを受け取った場合は、確認用とされているURLにアクセスしたり添付ファイルを開いたりしないように呼びかけている。警察に被害届を提出済みで、プログラム対応と安全確認は完了しているという。
・当社ゴルフWeb予約システム不正アクセス被害のご報告(東京システムハウス)
http://www.tsh-world.co.jp/news/n20140516.html

一覧へ