情報セキュリティニュース

COLUMN

ホーム

長野県立高校、教員が生徒の個人情報含むUSBメモリー2本を紛失

長野県は5月20日、東信地区の県立高等学校の教諭が、生徒の個人情報が入ったUSBメモリー2本を紛失したと発表した。県によると、教諭は5月16日、メモリーをショルダーバッグに入れて退勤し、飲食店で飲食。帰宅後の17日午前1時頃、バッグがないことに気付いた。メモリーには、担当教科のテストの点数205名分、担任クラス41名分の氏名、住所、保護者名、証明書原稿、担当する部の部員11名の氏名、性別、生年月日、前任校での担任クラス39名分の氏名、住所、電話番号、調査書原稿などが保存されている。交番に届け出済み。県は再発防止のため、情報管理に関するマニュアル等の点検と見直しおよび、個人情報の適正な管理の徹底を行うとしている。
・生徒の個人情報が入った電子記録媒体の紛失について(長野県)
http://www.pref.nagano.lg.jp/kyoiku/koko/happyou/20140520press.html

一覧へ